湯屋温泉 奥田屋

湯屋温泉 奥田屋

奥田屋は湯屋温泉の450年余り昔の開湯から、胃腸の病に効能が有ると云う炭酸泉を守り、 湯治場として湯を提供してきました。

炭酸泉の源泉

炭酸泉の源泉を熱交換により加温し、100%源泉掛け流し赤い湯の花の析出がある濁り湯です。飲用と浴用により古来胃腸良いといわれています。
女性用湯船(源泉100%掛け流し、熱交換)
赤い湯の花の析出がある濁り湯です、源泉100%。湯口から源泉を投入し、熱交換による加温をしています。
男性用湯船
源泉がそのまま投入される冷泉の湯船と、浴槽内で熱交換により加温された川石を組んだ湯船があります。冷泉には炭酸もそのまま溶け込んでいると思われますので、その分浴後までよく温まります。冷温交代で徐々にお試しください。

飛騨の郷土料理

●お造り・川魚塩焼き
新鮮な岩魚や鱒のお造りはプリプリした食感をお楽しみいただけます。塩焼きは岩魚・鮎・あまご等をこんがりと焼きあげます。
●朴葉焼き、朴葉寿司
飛騨の郷土料理には欠かせない朴葉料理を、飛騨牛朴葉焼きと朴葉寿司でご賞味ください。朴葉の香りが絶妙の味わいです。
●手打ちそば、蕎麦掻き
湯屋の山裾で刈り入れし、天日干しした薬師そばをその日の挽きたて、打ちたて、湯でたての三たてで、蕎麦掻きは「えごま」のたれでお召し上がりいただきます。

湯治

開湯450年、古来より胃腸に効能のあるとされる炭酸泉の温泉です。
炊事場も完成しましたので、旅館部の客室にお泊り頂き、自炊湯治にもご利用いただけます。
自炊設備(共同):冷蔵庫・ガスレンジ・鍋かま・食器・まな板・包丁・トースター・電子レンジ・食器・洗濯機
お食事処:自炊の方は食堂をご利用いただけます。
お部屋は旅館部と同一の施設で大洞川を望む客室です、テレビ・トイレ・暖房付き、羽毛の寝具もきれいです。

基本情報

名 称: 湯屋温泉 奥田屋
所在地: 岐阜県下呂市小坂町湯屋572
郵便番号: 509-3113
業 種: 温泉旅館
電話番号: 0576-62-3006
FAX : 0576-62-3016
ホームページ:http://www.okudaya.jp/
駐車場: 有り

交通情報・アクセス

お車でお越しの場合

●中央自動車道
中津川IC→下呂→飛騨小坂→(一般道20分)→奥田屋
●東海北陸自動車道
郡上八幡IC→パスカル清見→萩原→(国道41号)→飛騨小坂→(一般道20分)→奥田屋
●長野自動車道
松本IC→高山→飛騨小坂→(一般道20分)→奥田屋

電車でお越しの場合
JR高山線 飛騨小坂駅→湯屋温泉行きバス(15分)→バス停「湯屋温泉」下車(徒歩1分)→奥田屋